美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞(2018年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。
  1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2018年 受賞一覧

大賞

1968年 激動の時代の芸術

千葉市美術館

北九州市立美術館

静岡県立美術館

優秀カタログ賞美連協展部門

阿部展也―あくなき越境者

広島市現代美術館

新潟市美術館

埼玉県立近代美術館

生誕130年 佐藤玄々(朝山)展

福島県立美術館

碧南市藤井達吉現代美術館

日本橋三越本店

優秀カタログ賞自主展部門

長谷川利行展

福島県立美術館

府中市美術館

碧南市藤井達吉現代美術館

久留米市美術館

足利市立美術館

辰野登恵子 オン・ペーパーズ

埼玉県立近代美術館

名古屋市美術館

優秀論文賞美連協展部門

『アール・デコとエグゾティスム
―旧朝香宮邸の次の間はどうして漆塗りなのか?』

展覧会名:エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し
関 昭郎 (東京都庭園美術館)

『イサム・ノグチと岡本太郎-越境者たちの日本』

展覧会名:イサム・ノグチと岡本太郎―越境者たちの日本
佐々木秀憲 (川崎市岡本太郎美術館)

『ブルーノ・ムナーリの理論的再構成』

展覧会名:ブルーノ・ムナーリ
野田尚稔 (世田谷美術館)

優秀論文賞自主展部門

「森山安英 解体と再生」展 全6章、森山安英インタヴュー[1]~[5]

展覧会名:森山安英 解体と再生
小松健一郎 (北九州市立美術館)

「変革の煽動者 佐々木耕成 アーカイブ」展 全9章
およびコラム、佐々木耕成インタビュー

展覧会名:変革の煽動者 佐々木耕成 アーカイブ
林田龍太 (熊本県立美術館)

奨励賞

めがねと旅する美術展

青森県立美術館

島根県立石見美術館

静岡県立美術館

創立 100 周年記念 国画創作協会の全貌展

笠岡市立竹喬美術館

和歌山県立近代美術館

新潟県立万代島美術館

田能村竹田展

大分市美術館

※2019年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年 | 2017年
2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。