美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

第8回 図録奨励賞(2005年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2005年 受賞一覧

図録奨励賞巡回展部門

儚くも美しき祝祭 パウラ・モーダーゾーン=ベッカー
時代に先駆けた女性画家

『パウラ・モーダーゾーン=ベッカーとの出会い―ひとつの歴史的な視点から』
  水沢 勉(神奈川県立近代美術館)

『パウラ・モーダーゾーン=ベッカーとパリ』
  西村勇晴(宮城県美術館)

『パウラ・モーダーゾーン=ベッカーの擁護者たち
 ―ベルンハルト・ヘトガーとルートヴィヒ・ロゼリウス』
  木村理恵子(栃木県立美術館)

『自然に抗する病める身体の兆し―パウラ・モーダーゾーン=ベッカーの子ども像―』
  後藤文子(宮城県美術館)

図録奨励賞自主展部門

庭園植物記

『庭園植物記―絵画から写真へ、観察から表現へ』
  岡塚章子(東京都庭園美術館)

東京府美術館の時代 1926-1970

『画家/批評家/教育者による展覧会場の可能性』
  関 直子(東京都現代美術館)

昭和の美術 1945年まで―<目的芸術>の軌跡

『<目的芸術>としてのプロレタリア美術と戦争美術』
  澤田佳三(新潟県立近代美術館)

『「戦争美術」研究小史』
  長嶋圭哉(新潟県立近代美術館)

大名茶陶 高取焼

『筑前藩窯高取焼 筑前焼から高取焼へ』
  尾崎直人(福岡市美術館)

※2006年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年2017年
2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年 | 2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。