美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞

 2021年度美連協大賞は、コロナ禍で選考を中止しました。美連協大賞は2021年度で終了しました。過去の受賞一覧については下記よりご覧いただけます。

 美連協大賞は、美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰していたものです。

 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、2021年度に終了しました。

2020年 受賞一覧

大賞

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉

 

北海道立近代美術館

イルフ童画館

北九州市漫画ミュージアム

三鷹市美術ギャラリー

足利市立美術館

優秀カタログ賞美連協展部門

もうひとつの日本美術史 近現代版画の名作2020

 

福島県立美術館

和歌山県立近代美術館

優秀カタログ賞自主展部門

没後90年記念 岸田劉生展

 

東京ステーションギャラリー

山口県立美術館

名古屋市美術館

もうひとつの江戸絵画 大津絵

 

福島県立美術館

東京ステーションギャラリー

優秀論文賞美連協展部門

『高松次郎のコスモロジー』 『若林奮と版の層』『李禹煥の中間項』

 

展覧会名:驚異の三人!!高松次郎・若林奮・李禹煥―版という場所で 野田 尚稔 (世田谷美術館)

『クルト・セリグマンと岡本太郎』

 

展覧会名:クルト・セリグマンと岡本太郎―Art is Magic 佐々木 秀憲 (川崎市岡本太郎美術館)

優秀論文賞自主展部門

『山田耕筰と美術―出発点としてのベルリン』

 

展覧会名:山田耕筰と美術 木村 理恵子 (栃木県立美術館)

『したたかに、奔放に―丸木位里の生涯と作品』

 

展覧会名:墨は流すもの―丸木位里の宇宙― 永井 明生 (奥田元宋・小由女美術館) ※現・ふくやま美術館

奨励賞

式場隆三郎 脳室反射鏡

 

広島市現代美術館 新潟市美術館 練馬区立美術館

背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和

 

練馬区立美術館

インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと ―「アーティスト」がみた町田―

 

町田市立国際版画美術館

藤田嗣治と彼が愛した布たち

 

福岡市美術館

特別賞

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

 

東京都現代美術館

竹工芸名品展 ニューヨークのアビー・コレクション ―メトロポリタン美術館所蔵

 

 大分県立美術館

 東京国立近代美術館

 大阪市立東洋陶磁美術館

※2021年3月時点
【2020年の選考対象について(新型コロナウイルスの影響に伴う対応)】 ※当初の予定どおりに開催できなかった場合でも、1日でも開催した展覧会は美連協大賞・奨励賞の選考対象としました。 ※開催が中止となった展覧会でも、カタログが完成している場合は優秀カタログ賞・優秀論文賞の選考対象としました。
これまでの受賞結果 2020年 | 2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年 図録奨励賞 2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ