美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞・奨励賞・美連協カタログ論文賞(2014年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2014年 受賞一覧

美連協大賞

スサノヲの到来―いのち、いかり、いのり

足利市立美術館

DIC川村記念美術館

北海道立函館美術館

山寺芭蕉記念館

渋谷区立松濤美術館

美連協奨励賞

「美少女の美術史」展

青森県立美術館

静岡県立美術館

島根県立石見美術館

美連協カタログ論文賞

優秀カタログ賞 – 美連協展部門

赤瀬川原平の芸術原論展―1960年代から現在まで

千葉市美術館

大分市美術館

広島市現代美術館

優秀カタログ賞 – 自主展部門

「成田亨 美術/特撮/怪獣」展

カタログ名:成田亨作品集

富山県立近代美術館

福岡市美術館

青森県立美術館

優秀論文賞 – 美連協展部門

『写生のゆくえ~小川千甕の芸術』

展覧会名:小川千甕せんよう―縦横無尽に生きる
カタログ名:縦横無尽 小川千甕という生き方
増渕鏡子(福島県立美術館)

『スサノヲの到来』

展覧会名:スサノヲの到来―いのち、いかり、いのり
江尻 潔(足利市立美術館)

優秀論文賞 – 自主展部門

『グループ「幻触」と石子順造』

展覧会名:
グループ「幻触げんしょく」と石子順造1966-1971―時代を先駆けた冒険者たちの記録―
川谷承子(静岡県立美術館)

『「受容器」としての都市、「媒体」としての画家たち』

展覧会名:画家たちの上京物語
林田龍太(熊本県立美術館)

『守一のいる場所』

展覧会名:守一のいる場所 熊谷守一展
廣江泰孝(岐阜県美術館)

『和と洋の万華鏡―二人の文学者(鷗外・鏡花)をめぐる岡田芸術』
『帝国の画題-岡田三郎助と近代日本』

展覧会名:特別展 岡田三郎助―エレガンス・オブ・ニッポン―
松本誠一(佐賀県立美術館)

※2015年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年2017年
2016年2015年2014年 | 2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。