美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞・奨励賞・美連協カタログ論文賞(2017年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2017年 受賞一覧

美連協大賞

該当なし

美連協奨励賞

現れよ。森羅の生命いのち―木彫家 藤戸竹喜の世界

札幌芸術の森美術館

国立民族学博物館

北海道立近代美術館

三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館

渋谷区立松濤美術館

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

カタログ名:Something Strange This Way

金沢21世紀美術館

美連協カタログ論文賞

優秀カタログ賞 – 美連協展部門

狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―

福井県立美術館

山梨県立美術館

泉屋博古館分館

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ―彫刻から身体・庭へ―

大分県立美術館

香川県立ミュージアム

東京オペラシティ アートギャラリー

優秀カタログ賞 – 自主展部門

リアル写実 のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

平塚市美術館

足利市立美術館

碧南市藤井達吉現代美術館

姫路市立美術館

優秀論文賞 – 美連協展部門

『詩人・吉増剛造の旅、声、手』

展覧会名:テノ詩聲 ウタゴエ 詩人 吉増剛造展
篠原誠司 (足利市立美術館)

「ディエゴ・リベラの時代」全8章

展覧会名:ディエゴ・リベラの時代―メキシコの夢とともに
平野 到 (埼玉県立近代美術館)

『花森安治の仕事 日本の暮しをかえた稀代のマルチアーティスト』

展覧会名:花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼
矢野 進 (世田谷美術館)

『建築家との対峙と交流―壁画・モニュメント・都市』

展覧会名:岡本太郎×建築―衝突と協同のダイナミズム
佐藤玲子 (川崎市岡本太郎美術館)

優秀論文賞 – 自主展部門

『横尾忠則の版画―デザインのはみ出し部分から絵画的表現の一変種へ』

展覧会名:横尾忠則 HANGA JUNGLE
滝沢恭司 (町田市立国際版画美術館)

『芦雪画の深みと広がり―素顔の芦雪を求めて』

展覧会名:長沢芦雪展 みやこのエンターテイナー
深山孝彰 (愛知県美術館)

※2018年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年2017年 |
2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。