美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞・奨励賞・美連協カタログ論文賞(2016年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2016年 受賞一覧

美連協大賞

原田直次郎展 西洋画は益々奨励すべし

埼玉県立近代美術館

神奈川県立近代美術館

岡山県立美術館

島根県立石見美術館

美連協奨励賞

群馬NOMOグループの全貌

群馬県立近代美術館

1945年±5年

兵庫県立美術館

広島市現代美術館

見立ての手法-岡崎和郎 Who’s Who

千葉市美術館

北九州市立美術館

美連協カタログ論文賞

優秀カタログ賞 – 美連協展部門

日本におけるキュビスム―ピカソ・インパクト

鳥取県立博物館

埼玉県立近代美術館

高知県立美術館

優秀論文賞 – 美連協展部門

『どこにもない彫刻』

展覧会名:川島清―彫刻の黙示 路傍・淵・水量
平野明彦 (いわき市立美術館)

『静かなる光と時―マヌエル・アルバレス・ブラボの生涯と作品』

展覧会名:アルバレス・ブラボ写真展―メキシコ、静かなる光と時
塚田美紀 (世田谷美術館)

『絵を動かした人 ペール北山と大正期の美術』

展覧会名:動き出す!絵画 ペール北山の夢―モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち
宮本久宣 (和歌山県立近代美術館)

優秀論文賞 – 自主展部門

『江戸狩野派の〈倣古図〉をめぐる一考察
 ―狩野探幽筆「学古図帖」を中心に』

展覧会名:徳川の平和(パクス・トクガワーナ)―250年の美と叡智―
野田麻美 (静岡県立美術館)

『蜘蛛の糸』

展覧会名:蜘蛛くもの糸 クモがつむぐ美の系譜―江戸から現代へ
都筑正敏 (豊田市美術館)

※2017年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年2017年
2016年 | 2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパン日本興亜の
ご協賛をいただいております。