美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

美連協大賞・奨励賞・美連協カタログ論文賞(2010年)

 美術展の企画ならびにカタログの質を高め、学芸員の能力向上を図ることを目的として、美連協主催展および加盟館の自主企画展の中から、優れた展覧会の企画やカタログ、論文を顕彰しています。 1999年に「図録奨励賞」として始まり、美連協創立25周年を記念した2007年に、最も優れた企画を称える「美連協大賞」と学芸員の将来の活躍が期待される企画を顕彰する「奨励賞」が加わりました。同年、「図録奨励賞」は開催館の学芸員が協力して製作した優秀なカタログに贈られる「優秀カタログ賞」と、個人の論文を表彰する「優秀論文賞」へと変更し、2019年に「美連協大賞」という名称に一本化し、現在に至ります。

2010年 受賞一覧

美連協大賞

異色の芸術家兄弟 橋本平八と北園克衛展

三重県立美術館

世田谷美術館

美連協大賞「奨励賞」

彫刻家 エル・アナツイのアフリカ

国立民族学博物館

神奈川県立近代美術館

鶴岡アートフォーラム

埼玉県立近代美術館

ロボットと美術 機械×身体のビジュアルイメージ

青森県立美術館

静岡県立美術館

島根県立石見美術館

森村泰昌モリエンナーレ/まねぶ美術史

カタログ名:まねぶ美術史
高松市美術館

美連協カタログ論文賞

優秀論文賞 – 美連協展部門

『高山登-枕木・呼吸する空間-』

展覧会名:高山登 1968-2010 遊殺
和田浩一 (宮城県美術館)

『辻晉堂の仕事-彫刻の彼岸へ』

展覧会名:生誕100年 彫刻家 辻晉堂展
尾﨑信一郎 (鳥取県立博物館)

優秀カタログ賞 – 美連協展部門

長谷川潾二郎展

カタログ名:長谷川潾二郎画文集 静かな奇譚
平塚市美術館
下関市立美術館
北海道立函館美術館
宮城県美術館

優秀論文賞 – 自主展部門

『なかがわ・つかさと札幌の美術』

展覧会名:
さっぽろ・昭和30年代-美術評論家なかがわ・つかさが見た熱き時代-
吉崎元章 (札幌芸術の森美術館)

『ラヴズ・ボディ-生と性を巡る表現』

展覧会名:ラヴズ・ボディ-生と性を巡る表現
笠原美智子 (東京都写真美術館)

『救いのほとけ-おもに印仏・摺仏の像内納入について-』

展覧会名:救いのほとけ-観音と地蔵の美術-
佐々木守俊 (町田市立国際版画美術館)

優秀カタログ賞 – 自主展部門

田中一村 新たなる全貌

千葉市美術館
鹿児島市立美術館
田中一村記念美術館

特別賞 – 自主展部門

こどものにわ

難波祐子(東京都現代美術館)

※2011年3月時点


これまでの受賞結果

2019年2018年2017年
2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年 | 2009年2008年2007年2006年

 図録奨励賞

2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。