美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

  • 「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」カタログ表紙

2018年美連協大賞

優秀論文賞 - 美連協展部門

『アール・デコとエグゾティスム―旧朝香宮邸の次の間はどうして漆塗りなのか?』

展覧会名:
エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し
関 昭郎(東京都庭園美術館)

審査講評

近代の装飾芸術に対してフレッシュな視点で書かれた論文。装飾が時代の本質と関わっていることを振り返り、エグゾティスムについて、アール・デコとのダイナミックな関係性をとらえている。

※2019年03月

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。