美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

  • 生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜 群馬県立館林美術館

2020.10.9(fri)

生誕150年
大下藤次郎と水絵の系譜

  画家・大下藤次郎(1870~1911年)は、水彩画専門誌として始まった美術雑誌『みづゑ』の刊行や講演会などを通じて水彩画(水絵)の普及を図ると共に、多くの名品を残しました。
 今年生誕150年を迎えた大下藤次郎の生涯と画業を振り返るとともに、丸山晩霞、吉田博、三宅克己など明治水彩画の代表作もあわせて紹介します。

会期・会場(予定)

詳細は美術館ホームページをご覧ください。

群馬県立館林美術館

前期10月10日(土)~11月8日(日)
後期11月10日(火)~12月13日(日)
一部を除き展示替を行います
休館日 毎週月曜日※11月23日は除く、11月24日(火)

島根県立石見美術館

12月25日(木)~2021年2月20日(土)

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。