美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

  • 「太田喜二郎と藤井厚二」(目黒区美術館)チラシ 「太田喜二郎と藤井厚二」(目黒区美術館)チラシ

2019.6.27(thu)

太田喜二郎と藤井厚二
ー日本の光を追い求めた画家と建築家ー

京都を代表する洋画家、太田喜二郎と、建築家、藤井厚二の二人展です。京都帝国大学(現・京都大学)建築学科でデッサンを教える講師として招かれた太田は、同じ頃に講師として着任した藤井と知り合います。太田はベルギーで、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけ、日本でも柔らかな光を描く方法を模索しました。一方、藤井も西洋の技術を取り入れながらも、日本の気候風土にあう住宅を追求しました。その究極が、太田の自邸である「聴竹居」です。 本展は、ジャンルの異なる二人の仕事について、新発見の資料などを踏まえながら、絵画と建築をクロスさせた視点で紹介します。

会期・会場(予定)

詳細は美術館ホームページをご覧ください。

京都文化博物館

2019年4月27日(土)~6月23日(日)

目黒区美術館

2019年7月13日(土)~9月8日(日)

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 大日本印刷、損保ジャパン日本興亜の
ご協賛をいただいております。