美術館連絡協議会 美術館連絡協議会

  • 戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡 川崎市岡本太郎美術館

2021.10.13(wed)

戦後デザイン運動の原点
デザインコミッティーの人々とその軌跡

 1953年に創立され、戦後日本のグッドデザイン運動の先駆けとなった「国際デザインコミッティー」は、「日本デザインコミッティー」と改称された今も、銀座の百貨店・松屋を拠点にユニークな活動を続ける組織です。

 きっかけは、1953年にイタリアから届いた一通の招待状。この「第10回ミラノ・トリエンナーレ」への参加要請に応えるべく集ったのが、建築家の丹下健三や吉阪隆正、清家清、デザイナーの剣持勇、柳宗理、渡辺力、亀倉雄策、評論家の勝見勝、浜口隆一、瀧口修造、写真家の石元泰博、そして画家の岡本太郎でした。顧問には、坂倉準三、前川國男、シャルロット・ペリアンが名を連ね、時代をリードする多彩なジャンルの人々が顔を揃えました。  

 本展ではその活動と創立メンバーたちの交流に焦点を当て、時代を代表する商品や、1964年東京オリンピックでのデザインなど、建築、美術を横断する多領域の仕事の広がりを紹介します。

会期・会場(予定)

詳細は美術館ホームページをご覧ください。

川崎市岡本太郎美術館

10月23日(土)~2022年1月16日(日)
休暇日 月曜日(1月10日を除く)、11月4日、11月24日、12月29日~1月3日、1月11日

TAGS タグ TAGS タグ

美術館連絡協議会の活動は、
ライオン、 DNP大日本印刷、損保ジャパンの
ご協賛をいただいております。